« コンピュータ系の専門学校生の移民相談ケース | トップページ | みんながPEQでのカナダ移民を選ぶワケ »

建築学科卒インテリアデザイナー夫婦の移民相談ケース

Q)日本人同士の結婚で、主人も建築学科卒、インテリアデザイナーとして就労。
私も同会社にて丸4年就労しています。同じくデザイナーです。
この1年以上、永住権取得についてリサーチしています。
私がワーホリビザでカナダに渡航済みで、動けるのは私なので、ワーホリビザなしでの手法を探しております。
この条件で、最短方法にあてはまるのはどういった方法かご教授ください。
宜しくお願いします。

A)お問合せありがとうございます。
確認事項が2点ございますが、
・旦那さんが35歳未満で、
・移民申請する奥さんの就労経験4年が源泉徴収票の出せる正式なものなら、
QSW移民プログラム参加で、ギリギリ63P取得できますので、移民が可能です。
ただし、参加にはIELTS5.0スコアと、クラススタート前のフレンチ就学2~3ヶ月が必要になりますのでご注意下さい。
子供さんがいらっしゃればさらにプラスポイントです。
ちなみに大学の建築デザインはケベック州のスキルドワーカーにないので、
学歴と職歴のみでの移民はできず、QSWプログラム参加が最短方法になります。
ご検討くださいませ。

« コンピュータ系の専門学校生の移民相談ケース | トップページ | みんながPEQでのカナダ移民を選ぶワケ »