« LBPVC最新情報 | トップページ | カナダ永住権!PEQ最新情報 »

カナダ移住!皆がPEQプログラムを選ぶ理由②

なぜカナダ移住のために皆がケベック州のPEQプログラムを選ぶかというと

多くの外国人がカナダでの滞在をキープするためあの手この手を使って永住権を取得しようとしていますが、移民法改定により申請時に仕事が必須であり且つ、認可が下りるまでの就労ビザの有効性を要求されます。そして、さらに州によっては申請があまりにも多い職種は審査を後回しにする事態にも発展しており、カナダ永住権取得への道は、予想以上に速いスピードで険しくなっていきます。

ところが、ケベック州だけは、なぜかケベック州内でVocational Trainingコースをとってから移民申請(PEQプログラム)をしようとする留学生の申請書は別枠で受理され、優先的に申請許可を行っています。

また、カナダ永住権取得への最短のパスとして考えられていたポイント制のRegular program – Foreign student in Québec(QSW)は、すでに最短とは言えないほどプロセスタイムが伸び(1年半以上)、ポイント変更が頻繁化ているため申請者にとって多くの負担、不安とストレスを与えることになります。

PEQ – Québec graduate(ケベック経験クラス)については、1800時間以上のVocational Trainingコースを選択して、フランス語B2をゲットすれば、面接免除で申請から20日以内でCSQが下ります。PEQの場合はRegular programとは違い、フランス語に関して、通常のTEF等の公的機関が実施している試験を受けずに、政府が認可したコースをとってパスすることで申請要件を満たすことが可能になっている。

カナダ永住権をゲットできるなら、留学してもいいという人たちが、世界中からPEQに駆け込んできています。PEQでは、パートナーも子供も主申請者と一緒にカナダ永住権が取得できます。

カナダに限らず、グローバルに移民申請を検討する場合に避けられないリスクとしてあげられる“いつ起こるか予想のつかない移民法の改正“というリスクはありますが、上手くいけば、カナダ永住権ゲット、最低でもスキルが身につけられるなら、留学にかかるコストを正当化することもできる。

だから皆さん決して安くはない授業料ですが、カナダ移住のため確実性のあるPEQプログラムを選ばれます。

弊社からは留学準備、現地でのお部屋探し、銀行口座開口等必要な事全てをサポートさせていただきます。

PEQについて

学費

フレンチB2について

その他費用と条件

よくある質問

Form_banner_2

« LBPVC最新情報 | トップページ | カナダ永住権!PEQ最新情報 »