« TDSB トロントスクールボード | トップページ | トロント早期留学におすすめのスクールボード »

カナダ早期留学について

 

カナダの教育制度について

カナダの高校はアメリカと同様、必須科目+選択科目にて構成されており、規定単位を満たすことで卒業を果たすことができる。 カナダの高校では、日本の高校2~3年生にあたるGrade11~12から選択科目が多くなり、大学進学希望者は「一般教養課程」に進み、就職希望者は「職業教育課程」に進む。高校卒業条件は各州によって異なるが、必ず履修授業の時間数と必要な単位数を満たしていなけばならず、卒業認定試験をクリアする必要がある。カナダでの大学進学希望者は志望大学の指定する科目を習得していなければならないという規定もある。またオンタリオ州のように学校での授業とは別に「地域での課外活動(ボランティア)」を行い、単位としなければならない州もある。

 

カナダ中学・高校留学の特徴

カナダの学校は毎年9月の初旬に始まり、翌年6月下旬に終了します。学期は前期と後期の2期制となっており、履修科目は必修科目を除き、前期と後期で変更する場合が多いですが、カリキュラムや将来の進路によって、通年同じ科目を履修しなければならないこともあります。また学校によっては、英語力が低い留学生に対し、ESL(母国語が英語でない学生のためのクラス)を用意している学校もあります。
州によって教育制度は異なり、卒業までに必要な単位数、単位の数え方、必修科目なども各州の教育政策によります。日本と同じように6-3-3年制をとる州もあれば、7-5年制や8-4年制(オンタリオ州はこれに該当します)をとっている州もあります。小学1年生から数え始め12年生で高校終了となる点は共通しており、各学生が異なったシステムで教育を受けたあとでも、他州の大学に進学できるように調整が行われています。また、カナダの高校を卒業すれば、カナダの大学に進学するだけではなく、アメリカの大学への進学も視野にいれることが可能です。
カナダの学校には日本と同様に私立と公立があります。

【公立校の場合】
公立校の場合、各州の教育省が州内をいくつもの学区に分け、それぞれに教育委員会を設置しています。教育委員会は小学校から高校までの管理運営を行うだけではなく、留学生の受入れなどにも従事しています。公立高校は全て共学校で、高い教育水準を維持しています。留学生が公立学校に在学する場合は、ホームステイに滞在することになります。

【私立校の場合】
私立高校は、エリート教育や宗教などに基づく独自の教育理念を持ち運営されており、形態も様々で男子校も女子校も共学もあり、また滞在方法も寮とホームステイを選ぶことができます。公立学校に比べ留学生の受入基準が高く、必要となる費用も非常に高くなってきます。

また、カナダに未成年者が留学する場合は、Custodian(後見人)をつけることが義務づけられており、この点からもカナダでの留学が安心でき、質が高いということが言えます。

 

お子様の早期留学をお考えでしたら是非一度ご連絡ください。

小・中・高校留学カウンセリングフォーム


Box3_2

« TDSB トロントスクールボード | トップページ | トロント早期留学におすすめのスクールボード »