« アカデミック-EC Montreal | トップページ | 世界2位に選ばれた-カナダ »

ミサイル発射は在日米軍基地に向けたもの

核武装した北朝鮮は、全世界的な非難を受けたため、ミサイル発射は日本の米軍基地に対するストライキのための訓練であったと述べた。

米大統領ドナルド・トランプを挑発している。月曜日に発砲された4つのミサイルのうち3つが挑発的に米国の同盟国の近く、排他的経済水域の一部である水域に落下した。

アメリカ、ホワイトハウスはこの行動に対し「非常に悲惨な結果」だと述べた。

国連安全保障理事会は、ワシントンと東京の発足後の追加措置について協議するよう要請した後、水曜日の緊急会議を予定した。

国連決議の下、北朝鮮は弾道ミサイル技術の使用を禁止されており、国連の国連大使ニッキー・ヘイリーは、世界は「北朝鮮が「破壊的な道」を続けることを許さないだろう」とTwitterで語った。 しかし、2006年の初の核実験以来、6つの国連制裁制は、防衛兵器であると主張している原動力を止められていない。

金正日(キム・ジョンウン)大統領が訓練の開始命令を出したと、北朝鮮の公式報道官(KCNA)は報じた。

「弾道ロケットの軌道に目を向ける」と彼は、それを実行した部隊を賞賛したそうだ。

  「同時に打ち上げられた4弾の弾道ロケットは非常に正確で、飛行隊が飛行訓練のフォーメーションを行っているように見える」と金氏は付け加えた。

関与している軍隊は、「日本の米国帝国主義侵略軍の基地を突発的に攻撃する任務がある」とKCNAに述べた。 

KCNAの韓国版によると、北朝鮮のミサイル発射は、「無謀な核攻撃」で敵の力を払拭する準備ができていることを示した。 

ロドン・シンムンの新聞に掲載された一連の写真は、ミサイルが空中に浮上しているのを見て、他の当局者と拍手をして笑顔で笑っているのがうかがえる。

« アカデミック-EC Montreal | トップページ | 世界2位に選ばれた-カナダ »