« これ、あれ、それら、あれら-フランス語 | トップページ | アメリカへの旅行を中止-TDSB »

イギリステロ事件のイギリス生まれの容疑者を調査

Londonshootingattacker

ハリッド・マスード(Khalid Masood)氏(52)は、22日水曜日ロンドンでのテロ事件に関与しているとされ調査されている。3人が死亡し、英国議会外で多くに人が負傷した。

マスードはロンドン南東部のケント州で生まれ、最近ではイングランド中部に住んでいたという。

「マスードは最近の調査の対象者ではなく、テロ攻撃を仕掛ける意向について事前の知見はなかった」と警察は声明で述べた。しかし、彼は、GBH [凶悪傷害事件]、武器の不法所持、憎悪犯罪、暴行など、以前の有罪判決があり、警察にも知られていた。

イギリス首相のテレサ・メイ(Theresa mei)首相はこの容疑者は数年前にテロ攻撃者として調査されていたと述べた。

メイ首相はマスードはMI-5(イギリス諜報機関)によって暴力的過激派関連で調査されていたが、現在は調査対象にはなかったと述べた。

マスードはウェストミンスター橋を車で渡り歩行者を無差別に轢いた後、近くの国会議事堂の門を通り抜け、警官を刺した。

メイ首相とイギリス警察はマスードは単独で犯行を行った、国際テロ組織に触発されたと述べた。メイ首相は更なる攻撃がある可能性はないと発言した。

ISISはこのテロに関与していることを発表したが組織的関与は不明だとアマック通信は報じた。

これまでに報告されている負傷者は以下の通りです。

  • 12 Britons
  • 3 French children
  • 2 Romanians
  • 4 South Koreans
  • 1 German
  • 1 Pole
  • 1 Irish
  • 1 Chinese
  • 1 Italian
  • 1 American
  • 2 Greeks

« これ、あれ、それら、あれら-フランス語 | トップページ | アメリカへの旅行を中止-TDSB »