4ヶ月のみ!カナダ永住権QSPプログラム(該当者のみ)

Msp2_2
※これはケベック州を介した、スキルドワーカー移民プログラムです。
一般の方でも参加すると、移民スコアがパスマークに達するので、確実にカナダ永住権を取得することができます。弊社では学校手続きを、移民手続きはケベック州公認の移民弁護士によって進められます。詳細は左メニューもご覧下さい。

ここでは、限られた人だけですが、QSWプログラムよりもさらに安く、さらに短い期間で、確実に移民する方法を配信します。

QSPプログラムの違いは、
QSWのように専門学校に留学する必要がないということ。

4ヶ月間のフレンチ留学をするだけ。
(日本で就労経験が二年以上ある方はフレンチなしでOK!)

専門学校にいく必要がないため、
費用と期間を大幅に短縮することができるのです。

下記に記載の条件に当てはまる人は、QSPプログラムをご検討下さい。

先日、日本にいたときに、ナースを勤めた方が、このプログラムに参加されました。

彼女はQSWプログラムを検討していたところ、看護の経験だけで移民できることがわかったのです。

このプログラムに該当する人は、カナダ移民において、最も恵まれた環境にあると言えます。

移民法が変更されると、プログラム内容も変更することがございます。
参加希望の方、自分はどれくらい移民スコアを取得できるのか知りたい方は、お早めにMariまでお問い合わせ下さい。

弊社からはフランス語の学校をご紹介いたします。ポイントの確認、永住権の申請手続き等はについては移民弁護士にご相談ください。無料で弊社提携の移民弁護士をご紹介いたします。


■対象:下記専攻の大卒者限定

・Nursing
・Aerospace, Aeronautical and Astronautical Engineering
・Civil, Construction and Transportation Engineering
・Computer Engineering

■費用:$14757

※フレンチ(及び英語)授業料、保険、永住権申請手続きや、移民弁護士費用すべて含みます。
(入っていないのは、アパート代や食費といった生活費や、政府に払う永住権申請費用のみ)

■期間:4ヶ月
 (ケベック州就学が4ヶ月を満たした時点で、移民申請を開始します)

■条件
35歳以下、上記に該当する大卒者。
専攻を活かした、就労経験1年以上。
ジェネラルIELTS5.0以上。(中級レベルの英語力です)
フレンチB2(※点数がもし足りない方)


◆諸注意◆

・フレンチポイントが必要になる方は、4ヶ月~の就学で、TEFAQというフレンチ試験のB2スコア(中級レベル)を取得いただきます。リスニングかスピーキングかライティングのいずれかで、B2とれればOKです。

・学生ビザ(またはワーホリビザ)がない人は、取得プロセスに2、3ヶ月程見てください。

・このコースに必要なジェネラルIELTSは、リスニング、スピーキング、ライティング、リーディング全部で、それぞれ5.0必要です。
トータルで5.0ではないのでご注意下さい。
中級の人ならそんなに難しくないです。CSQ申請前までに取って下さい。

・英語に自信がない人は、語学留学をしてからの参加をおすすめします。

※将来カナダに住んで働きたい!日本から出たいと思っているお友達がいたら、この記事を教えてあげてください。